別れの際あっさり受け入れる事が復縁への第一歩

自信をもって生活していれば治るものです

どもりの人は私にとっては珍しくありません。私の従兄妹に2人どもりで困っている人がいたからです。男と女ですが、大人になるにつれてだんだんとどもらなくなってきました。社会人と生ってからはどもることで困ってしまったとの話は聞いていません。詳しくはこちらへ→どもり 原因ご相談ください。

 

 

2人に共通して言えることは「人がいい」ことです。心理学者でありませんから「人がいい」ことの深層心理はどういうものかと説明できませんが、何かあるのだと思います。本人たちもできるだけ慌てずに、ゆっくりと話すように心がけていました。一言一言正確にゆっくりと発声するようにしていました。   

 

どもりにもその程度の差はあると思います。詳しい情報はどもり 原因←こちらから
私の2人の従兄妹はどの程度のどもりに当たったのか分かりません。医者には行ったようです。そのアドバイスが適切でしたのでしょう。先にも書いたように大人になるにしたがって、段々とどもりの症状は軽くなっていきました。社会生活をおくる上では何も困っていません。1人は市会議員をしています。もう1人は薬剤師をしています。自信をもって生活してゆけばどもりは必ず解消すると思います。